« 2018年2月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月17日 (火)

吉岡秀隆さんファン歴30年(笑)

昨日、安田成美さんをネットニュースで観て、何故か無性に『ラストソング』のことを思い出した。

『ラストソング』をスクリーンで観ることを夢見ている。

私が吉岡秀隆さんに出逢ったのは子供の頃。

彼はスクリーンの中に生きる人だったけど。

毎年盆正月にやってくる親戚の子みたいな存在だった。

吉岡さんが満男を演じたのは1981年8月公開の『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』からだった。翌年の吉岡満男三作目『寅次郎あじさいの恋』では大活躍する彼を観る。

1980年に高倉健さん倍賞千恵子さん主演の名作『遥かなる山の呼び声』にも出演しており、この作品が山田洋次監督初出演作である。私の大好きな映画の一本だ。

その前に野村芳太郎監督の『八つ墓村』1997年公開、もちろんこの作品も私は観ていたが、すでにこの時渥美清さんと共演しているのだから驚きだ。

私がそんな幼馴染目線でみていた彼を役者として認識したのは、1987年放送の「北の国から 初恋」だった。今まで満男、純くんも演じている彼を吉岡秀隆という俳優としてみるようになった。皮肉にも私は「北の国から」の連続ドラマはときどき目にした程度できちんと観ていなかった。しかし家族の関係はわかる程度に知識はあった。何故。

特番になってからは観ていたのだが、それは大好きな田中邦衛さんが出ていたからだったような気がする。そんな中、私は満男は好きだけど、純は嫌いだった(笑)

でも「初恋」の彼は素晴らしく、私もその頃はすでに子どもでなくなっていたこともいろんな見方が広がったのだろう。

それからは気になる俳優に。1988年公開の『優駿ORACION』を観た時には完全にファンになっていた。その後、寅さんも満男メインの話になっていく・・・・。

ファン歴30年というところか(笑)

2018年4月14日 (土)

鼻がつらいよ。

今年の桜も早かった。しかし、晴天が続いたので、青空にピンクが映えていつも以上に綺麗に感じました。桜の頃強風が吹くのが常なのに。桜が散ったころに強風が続き・・・・。

何が嫌って今年は花粉が・・・鼻炎が辛い季節です。辛い。

旧友との再会も果たし、日差しも強くなり、明るい時間が長くなり、寒暖を繰り返しながら、季節の移り変わりを感じる余裕のある年でもあります。感謝m(__)m。

今年はこの後、来年のラグビーのワールドカップや、再来年の夏季オリンピック・パラリンピックのボランティア募集も始まるので、そちらに応募して、面接等に進めればそっちも忙しくなりそうです。

まぁ今年はぼちぼちやりつつ・・・来年に向けて準備期間としたいですね☆

« 2018年2月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ