2017年8月 6日 (日)

初香港エクスプレス

香港までなら問題ないと思っているLCC利用。

機内食を選ぶ楽しみとか(その昔は機内食なんて食べないよーなんて思っていた時もあったけど(遠い目))、乏しくなりつつあるけど、機内でのアルコールを楽しんだり、映画を観たりなんて時間のないLCC,飛行機に乗っている間のワクワク感はまったくない。列車、バス、移動のための乗り物!飛行機もそうなんだ!と割り切れば問題ない。何が問題かって、列車やバスより空を飛んでいるという不安が大きい飛行機なんだけど。安全性からいえばもうどっちもどっちだよね。いや、飛行機の方か安全ともいえる。でも揺れると不安になるよね。だからその不安をワクワクで消している部分があるような(私だけ?)。

しかし、羽田から出発できる、交通機関が営業している時間で空港からスムーズに行き来できる時間に発着するとかなら乗り物として利用価値は高い。国内線なら同じなんで(機内食ない、エンターテイメントサービスないなど)、数時間利用は違和感ないかも。

そんなこんなで台北にピーチで行って以来抱いているLCCへの思い。

香港エクスプレスも羽田発着便がある(成田もある)

香港はLCCでも空港はひとつなので同じ空港を利用する。

行は深夜便と言っても、0時過ぎなので、羽田に着いて夕飯食べてラウンジでだらだら過ごしていればあっという間に出発時間。

搭乗時間に行くものの、飛行機は未着。出発時間の変更案内はない。飛行機が到着して準備出来次第出発だよってことなんだろう。

パイロットも来て、到着を待っている。どうせ香港に着いても始発も動いていない時間なので、香港の空港で待つ時間が長くなるか短くなるか。そんな感じで東京出発便での焦りはない(苦笑)

ピーチでは初LCCということで、様子が分からず足元が広いという最前列を追加料金を出して抑えた、ピーチは早朝発ということで、羽田空港内で前泊をするという御大臣旅行だった(笑)この時ピーチにしたのは、値段ではなく、ピーチなら仕事を休まず行って帰って来れるということだったからなので、+α追加してもANAで行くのと変わらないと気にしていなかったのですが・・・。その頃はLCCを使うつもりはなかった。が、結果的には早朝便で帰国して仕事に行こうにも体がついてこず、始発で家に帰り仕事休むことになった(苦笑)

で、今回は2度目のLCC利用ということで、座席指定もしないことに。48時間前にwebチェックインが出来る。その時も座席指定画面はなにもせず進む。ここで座席を選ぶとお金を取られる。自動に座席番号が出てくる。空いてるところ前列通路側から座席を与えられるようだ。ほとんどの人が事前座席指定をしていないようで、webチェックイン開始直後ではかなり空いていた。結果は満席なんだけど、空港でチェックインする人の方が多いのかな。

webチェックインをしてバーコードを印刷して空港に行けば、何時でも出国手続きが出来るので、航空会社のカウンターに寄らずにセキュリティチェックを受けられる。機内持ち込み荷物のみの場合。最近は機内持ち込み荷物だけで旅しております。スーツケース預ける人とかはカウンターに行かないといけません。ただし、カウンターに寄らなかった人は搭乗前に搭乗口カウンターで呼び出しを受け、結局ボーディングパスを受け取りました。これは香港でも同じようです。スマホ画面を利用して搭乗口まで来た人が呼び出されてました。

香港着後帰国便のwebチェックインはして印刷せず空港に行ったところ、香港エクスプレスの出発便はひっきりなしにあるので、カウンターは常に人がいる状態で、何時でもチェックイン受付可能のようでした。あんまり早いと手荷物受付あるとどうかと思うけど、預け荷物ない場合でwebチェックイン済だとここでボーディングパスを受け取るだけですからね。

しかし、搭乗口が何番になるかは出発直前にならないとわからないようで、この時点では搭乗ゲート番号は出ていませんでした。

不安だったことのひとつは夏なので薄着で上着を持ってくるの忘れてしまって・・・飛行機が冷房ガンガンで寒かったらどーしよう、毛布も有料だし、枚数も少なそうだし・・・と心配していたら、そんなことはなく適度の気温が保たれており、半そで、ハダシでも寒い!ということもありませんでした。これで香港エクスプレスの評価が高まった(笑)

水も羽田でも香港でも搭乗口のそばに自販機があり、購入して持ち込み可能でした。

食事は搭乗時間を考えても、先に済ませておく時間なので、空港内で食べました。

水分だけが心配だったので、一応売店で水を購入しておりました。

ピーチで苦労したのが水分。セキュリティチェックを通過してから売店の閉まっている時間で購入チャンスがなく、搭乗口にあった自販機が販売中止になっていた時は唖然としました。これがLCCか!と(苦笑)

そんなもんかなーと思っていたけど、香港エクスプレスの搭乗時はまだどちらの空港も売店も開いていたし、自販機もちゃんと販売してました(笑)

アナウンスは、広東語と英語のみ!でしたが、広東語のみ!というところが香港の航空会社だなと嬉しくなっちゃいました。乗客は7割日本人でしたけど。

イチバン心配した、帰国便の定刻到着。

香港滞在中は夜は雨が降るものの日中はなんとか持ってくれて快適に過ごせていたのですが、帰国日は昼から雨。その影響で搭乗時間はかなり遅れました。

搭乗口からバス移動でしたし。到着時もバス移動あり。まず、飛行機が遅れて到着。到着した人を雨の中降ろし移動させるのも時間がかかる。出発準備が出来て、人を乗せるにも時間がかかる。雨が降っているとタラップを歩いて登る必要もあることから、カッパを配られ着ることに(私は着ませんでしたが)。もう2時間ぐらい出発が遅れました(苦笑)

30分以上遅れたところで、モノレールに乗って帰ることはあきらめ。1時間以上過ぎたところで、深夜バス確定だしな~。となり。天候に恵まれた時だけ定刻もありかもね。って感じです。行は驚くことに、1時間チョイ遅れたのに飛行でその時間を取り返してほぼ定時に着。どーなっているの?と思いました。帰りはほぼ予定通りの飛行時間でした。

深夜バスには乗ることが出来て、新宿からはタクシー帰宅。始発で帰って来るより肉体的には楽でした。無事寝て起きて会社行きました。疲れたけど。

帰りの遅延以外は帰りの飛行機も寒いとかなく乗り物としては問題ありません。

エンターテイメントサービスないからアイポッド持ち込んで音楽聞いていたし。

バスや列車と一緒よね。

そんなこんなで値段考えたら気軽に行ける香港も良いんじゃないと思いましたよ☆

2週間後に行く場合はそうそうないと思いますけど、定期的にバーゲンもやっていて3連休とかじゃなければ、往復込々20000円ぐらいで行けそうです。この値段ホント距離考えれば深夜バスより安いよね。LCCって言っても新幹線より早いし!新幹線より狭いけどね。値段は新幹線より安い!!

初エクスペディア利用

今までは、これからもかもしれませんが、エクスペディアで検索して、結果ホテルも、航空会社もそれぞれの公式サイトから予約するのが私流でした(笑)。

ホテルは現地払いの場合、ホテル予約サイトを利用することもあります。

ホテルの場合はしっかりホテル側が公式サイトを作りこんでいたり、管理していたりせず、ホテル予約サイトにゆだねているところもありますし、ホテルクーポンの会社だと枠を抑えていて、その時他ではすでに満室で予約ができないのに、部屋を持っていてまだ予約が出来る!ってことや、地元旅行会社の枠の為か直接予約より安く取れる!ってこともあるので・・・。ホテルの規模等によるもので、とにかく泊まりたいホテルを見つけたら色々検索して結果ベストと思えるところから予約します。公式サイトとホテル予約サイトの条件がほぼ同じなら絶対公式サイトから予約します。だってその方が問題がおきた時にトラブル解決しやすいじゃないですか!直接予約したのだから、チェックイン時に予約が入っているいないとかもホテルと直接交渉すればよいだけだし。お金もチェックイン後に払うのが普通だと思うので(事前に払う場合もあるかもしれませんが、その場合ホテルに直に支払っているわけで)ホテルに泊まれないのに金も還って来ない!なんてリスクは低い。

ホテルクーポン会社なら事前払いは普通ですが、クーポン会社というだけちゃんと紙で証明できるものをくれるので、また日本のクーポン会社を利用するのでトラブっても日本語対応してくれる。その点ホテル予約サイトは・・・なんかあったら不安だー。とは思うんですけど、とりあえず事前支払いの方が安く取れたりするんですけど、なるべく事後払いで比較してます。

航空会社の場合は、日本から直行便のあるような会社なら当然公式サイトで買える。

そーんな訳で会員登録したけど利用したことなかったエクスペディアですが、今回は何せ2週間後出発。ホテルサイトを覗いても、航空会社のサイトを覗いても、エクスペディアに表示される値段とほぼ変わらないし、ホテルと飛行機同時予約だと割引のあるエクスペディア、結果エクスペディアで予約するのが一番安くあがりそう。なんかあったらあった時だ。

昨日今日出来た会社じゃないし、トラブルあったらトラブル対応は不安だけど、2週間後でキャンセルすることもないから、ここは一度利用してみるか!って気持ちでした(笑)

ホテル・飛行機事前払い、ホテルもキャンセル不可プラン。LCCは運賃、税等の他に事務手数料というのが公式サイトから予約しても取られるのですが、その分ぐらいがエクスペディアからの予約だと割引されました。

予約を進めた結果、航空運賃分はすぐに航空会社に支払いがされるようで、エクスペディアからだけではなく、香港エクスプレスからも予約完了メールがすぐに来ました。

結果として、エクスペディアの予約確認書はEチケットとして利用可能で、空港でのチェックインでも確認書を見せれば問題なかったですし、ホテルでも同様。

ま、大抵はこういう問題のない流れなんでしょうけど、何かあることも0ではないと思ってます。

2週間後香港に行こうと思いつく。

4年ぶりの香港。行こうと思っていなかった香港に、急に行く事を思いつき。

最近旅行に行こうと思うと、まずは、エクスペディアで検索をする。

2週間後の3連休にANAを利用していくには、絶対予算オーバーに決まっている。

今回の予算は飛行機&ホテル 1名50000円。これで行けるなら行こう。そんな気持ち。

さて、最近はLCCも多い。台北に1度ピーチを利用して行った、良いところ悪いところ色々経験した、勉強になった。

良いところとして、飛ぶだけ=交通なら問題ない。青春18きっぷを利用して鈍行の旅も、深夜バスの旅も苦痛にならずに出来る私としては。快適とは言いませんけど、行きたい土地に運んでくれる乗り物としては、料金を考えれば良しとなる。

だから今回も安く香港に連れて行ってくれるならLCCでも良い。

悪いところ、時間を合わせるのが大変。早朝発は前夜から空港に行かなきゃいけないとか、早朝着便はそれから仕事に行くのは私には無理ってことを前回経験した。

で、今香港にどんな時間帯で、どこの航空会社がいくらで行けるのかを知るにはエクスペディアなどの比較サイトを利用するのが良いと思っている。

結果、金曜の深夜に羽田空港から出発する香港エクスプレスが一番安い。

土曜の早朝に香港に着く、金曜深夜発(正確にはこの時は土曜の0時過ぎ)なので、金曜仕事帰りに羽田に行けば良い。そして重要な帰国便、月曜の夜に羽田に到着する。定刻到着ならぎりぎり最終のモノレールに間に合い、電車で帰宅できる。一晩寝て、連休明けの火曜に普通に会社出勤できそう。

ホテル2泊合わせてひとり48000円。なんと予算内で時間も有効に使えるプランが見つかってしまった。

ホテルも佐敦にある=理想的。

これは行くしかないなと。

2017年6月10日 (土)

どこかにマイルで宮崎へ行った!

昨年JAL&フィンエアーでフィンランドに行って、ワンワールドのマイルが貯まり。それにカードポイントをマイルに少々交換して、6000マイルちょいとなり、現在JALのマイル特典「どこかにマイル」で国内旅行に行く事にした。

国内とはいえ、往復6000マイルで行けるのでお得。ランダムで表示される4か所の行き先から最終的にJALが決めた行き先に旅するもの。

往復の月日と時間帯は選べる。申し込み受付は1ヶ月先まで。

私は金曜の夜出発で、日曜昼着を申し込んだ。梅雨になる前にと思い申し込んだものの本来なら南は6月最初梅雨入りなんだけど、今年はまだ梅雨入り前でした☆

行きたかったのは、九州。なので、4か所は九州を中心に選ばれた時に申込み。

4か所が表示されて気に入らなければ再表示できる。再表示の回数も制限はあるようだけど・・・また、日曜の夕方着とかだと一般の旅行客も多いことから表示される箇所も決まってくるようだ。最終的に「大分」「長崎」「宮崎」「岡山」と表示されたところで申し込んだ。

「岡山」は九州ではないけど、まだ観光したことない県のひとつ。

ホントはまだ観光したことない県でもある「佐賀」を目指したかったので、福岡とかでも良かったんですけどね・・・。佐賀も行けそうで、また再び行ってみたかった「長崎」が第一希望だったけど、結果は「宮崎」でした☆

宮崎と決まってから宮崎を楽しむことを調べる。

おおー、大好きなマンゴーの季節じゃないですか♪高級な国内産マンゴー。

天気が良ければ日南の景色は良さそう♪空港から宮崎駅も近くて便利♪

行こうと思って調べると楽しいことは色々あったよ。宮崎。

全国を旅した寅さん。宮崎にも行ったかな?そう、45作で満男&泉と旅してました♪

ロケ地も日南にある♪

金曜の夜に宮崎入りして、夜の歓楽街で辛麺をすすり。

翌日の土曜、晴天の中朝から一日バス券を利用してバス旅!

神話の舞台となった宮崎パワースポット巡りも出来ました☆

日南の海岸線を走るバスの旅は気持ち良かったです。

途中下車しながら寅さんのロケ地油津にも立ち寄り。

飫肥にたどり着くも、最終のバスの出発時刻15分前。

帰りのバスを見送ってJRで戻るという手もあったのですが、ここはバス旅に徹して観光はまた次回に。と・・・・いうことで。バスで来た道を帰りました。

宮崎市内に戻ってうどんを食べて。ホテルで一休み後、予約していた駅そばの地鶏の飲み屋に。焼酎ボトルで2時間。

店を出たところで24時間営業でかいイオンでお土産をお得価格で購入。

ラッキーなことの多い楽しい旅となりました。

最終日も空港が近いので10時過ぎの便でも楽でした。

昼着で家に帰り、ゆっくり過ごすことが出来ました。

充実の宮崎旅行となりました。

2017年4月 1日 (土)

刀剣乱舞で京都ふたたび。

京都に行きました~。深夜バスにて。9000円もするバスにしたので、あんまり安い!って感じではなかったですが、夜寝てる間に移動して、朝から行動できるのは良いですね。

でもきっと次回は、ぷらっとこだまで前日夜に京都入りして1泊コースにするかな。

お泊りは常連化しつつあるゲストハウスです♪居心地良いです♪

日暮荘  ああ、仕事帰りのぷらっとこだまでは京都に着くの23時を過ぎる。ってことはゲストハウスでのチェックイン21時には間に合わず・・・。なんですよね。

そんなことも考えての深夜バス利用だったのですが。

で、なんで京都に行ったかといえば、刀剣乱舞スタンプラリー京都第弐弾に参戦のため。

今回は時間も限られていたので今まで行ったことのない場所めぐりを目的として。

花山稲荷神社に行きましたよ!!それと本能寺に二条城!!

目的あって行くと楽しいし。こういう企画に参加しなければ行かなかったであろう場所に訪れることが出来るのが良いです♪

もちろんスタンプラリー設置場所も行きました!

二条城思いの外楽しかった(笑)

それにしても、京都で行ってみたかったホルモン屋に行ったけど。残念な対応で印象が悪くなり・・・もう行かないな。と思ったのは残念だった。やっぱり気持ちよく対応してくれる店に行けば良かった・・・。

それ以外は、佐々木酒造でも限定酒を購入したり、楽しかった。

2017年2月25日 (土)

冬季アジア札幌大会観戦3日目。

3日目は、カテゴリーがスポーツじゃなく、旅行(笑)。

と、いうのも試合前に円山公園をめざし、北海道神宮と円山動物園観光をしておりました。

北海道神宮なかなかりっぱです☆大安ということでお嫁さんもいました☆

そして円山動物園。雪も降ったりやんだり。こっちの方はみんな傘ささないのね~。と

札幌行ったの何度目だよ(10回以上?)って私ですが、そんな感想抱いたの初めて。

さらっとした雪が東京との違うからですよね?

円山動物園では暖かい国から来た動物たちは室内展示。

そうか~、東京の動物園では寒いのに屋外展示されているよね?

寒さの度合いが違うからですよね?

色々展示の仕方も工夫され、新設され、今どきの動物園でした。

オフィシャルショップのグッズも可愛いし、また行きたいな~と思いました。

そしてこの日のフィギュア結果、色んな大会で思うように滑れず可愛いのに可哀想なところを多く観てしまっていた李子君。アジア大会の銀メダル獲得嬉しそうだった。おめでとう!

2017年2月22日 (水)

明日から札幌に!冬季アジア大会観戦前日。

冬季アジア札幌大会のフィギュアスケート競技観戦のため札幌に行きます。

チケットは販売初日に購入済。ホテルも半年前から予約済。飛行機だけはマイル特典を利用予定だったので、2か月前。でも帰りはマイルで取れなくて・・・でした。

最大の目的はカナ&クリスのアイスダンスを応援することだけど、もちろん日本チームみんな応援していますよ~。

9時の飛行機なので、早朝出発ということもなく持ち物も最低限で準備はあまりしていません。

スケート場での観戦なので、寒さ対策は必要です。でも冬の北海道だから、スケート場にいくまんまのかっこで行きます。台北の時は用意不足で寒かったもんな(笑)

2017年2月21日 (火)

審神者でもないのにね。

審神者でもないのに、『刀剣乱舞-花丸-』×『大江戸温泉物語』イベント 第一部隊に続き、第二部隊遠征にも行って来ましたぜ!

前回より混んでいたような・・・まぁ、前回は18時入場で行ったので、そういう意味では今回も18時以降は比較的空いていたかも。

まぁ、学生さんはこの時期の方がお休み取りやすかったり、気分は卒業旅行の方もいるだろうから・・・前回より参加者も多いかもしれませんね。

この時期はすでに品切れも出て来てますが・・・両部隊グッズ購入可能でしたし。

食事restaurantメニューも両方可能でも一日で両方制覇はきついよね・・・。

前回とは違い今回は昼前から夜までゆっくりのんびり楽しんで来ましたが、休憩所がメンテで18時まで使えないというのが使えなかったですな(笑)。メンテよくあるのか?たまたま?飯restaurant→風呂spa→休憩→風呂spa→飯restaurant→休憩→風呂spaで過ごせたら快適なんですが。

今回は、最初の休憩が休憩所使えない!ということろがややネックで。飲んだり食ったり遊んだりがその分増えて=出費が増える!って感じでしたcoldsweats02

審神者の方々も多くいらしていたので、今回は日本人率と外国人率は半々だったような。

普段は日本人2~3割って感じかと。

2017年2月11日 (土)

チョイ住みinフィンランド

昨年のクリスマスイブに放送されたらしい本編の再放送を観ました!

チョイ住みinフィンランド

たまたまですが、こういうタイミングありますね~よく。

フィンランドは昨年浅田真央選手の応援のために行った国!

たぶんきっかけがなければなかなか行く機会はなかったと思う。

だって、北欧!物価高い!と敬遠しがちな旅先。

でも、実際のフィンランドはユーロ加盟国で、東京と物価はあまり変わりませんでした。

チップがない分カナダより安く感じた。まぁ、お酒だけは高いです!!!

フィギュア観戦目的とはいえ、ヘルシンキ観光も少しして楽しかったです。

そう、人が良い。安心感があり、気持ちよく過ごせる国って意外と少ないと思う。

だから、住んでみたい!と思うぐらい。過ごしやすい。まぁ、冬は寒いんでしょうけど。

クリスマスは楽しそうだし、夏は気持ちよさそう。

私が訪ねた10月も晩秋で寒かったけど、景色は美しかったです。

また行ってみたい国のひとつです。

色々あるけど、あのタイミングでフィンランドに行けたから幸せ。

2017年2月 9日 (木)

浅草十二階って知っていますか?

昨年の夏、渥美清さんを偲び命日に上野~浅草~柴又とぶらりひとり歩きをしました。

その際訪れた浅草六区。あの浅草に映画館が今はもうない。悲しいかな。

時代の移り変わりとはいえ、淋しいですよね。やっぱり。

で、人気のない六区をウロウロしていて、凌雲閣跡地ってのを今更認識。

何度も来ている浅草なのにね。皆さま知ってます?当然?

凌雲閣、浅草十二階とも言われてます。

そんな夏、ずっと気になりながら行けないでいた江戸東京博物館に行ったんですが、常設展示室「市民文化と娯楽」コーナーで1/10模型がありまして、おおー。これが!と思いました。江戸東京博物館は見どころ満載で楽しいところでした☆おススメです。

そして、須賀しのぶさんの「くれなゐの紐」を読んだら、なんと舞台が浅草六区で、浅草十二階も重要な場面で何度も登場。凌雲閣が気になった私にとっては理解を深める意味でも興味深く、楽しく読ませて頂きました。

また浅草を訪れた際にはその頃を想像して楽しみながらお酒でも飲みたいです。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ