2018年6月12日 (火)

正直不愉快な事があった、でも大丈夫!

6月になりました♪梅雨になりました♪

しとしとは嫌だけど、紫陽花をみるとちょっと嬉しくなる。

そんな感じですね。

正直不愉快になることがあるし、不愉快な事も思い出す。

だけど、それ以上に今月『50回目のファーストキス』『29歳問題』を観て凄くハッピーな気持ちになった。大好きなキャラ達。

特に29歳問題のウォン・ティンロ(黄天楽)最高!!私の人生で最も愛するキャラです。

そんな風に思う自分が不思議なくらい彼女が愛おしくて仕方ない。

彼女に出逢ったおかげで嫌なことがあっても「にっ」と笑って元気になる!!

頑張る!!ありがとうウォン・ティンロ!大好き!!

大輔と瑠衣も大好きだよ~♪

2018年1月20日 (土)

新年会。

映画好きの仲間と新年会を神楽坂にて行った。

いつもの如く幹事をしておりましたが、皆さん楽しんでくれたようで良かったです。

久しぶりに参加してくれた方も多く和やかな雰囲気で過ごすこともできましたし、

新しく参加してくれて新年に新たな出逢いもでき嬉しかったです。

映画仲間との新年会ということで、今年の期待作について皆さんに聞きました。

日に一本ずつその集まりの中で紹介させて頂いております。

私は今のところ新年3本しか映画を観ておりませんが、今日は3本観る予定(笑)

今年も映画に、小説に出逢い、スポーツ観戦で熱くなり、そして旅にでる。

そんな一年です。って、旅と言えばすでに「そうだ、旅にでよう!」と雪を観に青春18きっぷの旅に出た。翌週その路線は大雪で大変なことになっていた。そして来週も旅にでることに・・・。スポーツ観戦です(笑)

2017年12月31日 (日)

今年出逢った映画たち。

スクリーンで出逢った60本。

1.海賊とよばれた男
2.ローグ・ワン
3.新 男はつらいよ
4.人魚姫
5.The NET 網に囚われた男
6.ギャング・オブ・ニューヨーク
7.タクシードライバー
8.哭声/コクソン
9.持たざるものが全てを奪う/HACKER
10.恋妻家宮本
11.ザ・コンサルタント
12.黒執事 Book of the Atlantic
13.ダークレイン
14.ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
15.破門 ふたりのヤクビョーガミ
16.ワイルド・シティ
17.アサシンクリード
18.楊貴妃 Lady Of The Dynast
19.クリ―ン
20.ブルーハーツが聴こえる
21.シチリアの恋
22.三月のライオン 前編
23.三月のライオン 後編
24.無限の住人
25.駅STATION
26.夜叉
27.追憶
28.グレート・ウォール
29.スピリット
30.トンネル 闇に鎖(とざ)された男
31.修羅の剣士
32.光にふれる
33.こどもつかい
34.家族はつらいよ2
35.心に吹く風
36.パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
37.22年目の告白
38.君の膵臓をたべたい
39.十年 TEN YEARS
40.ザ・マミー
41.関ケ原
42.幼な子われらに生まれ
43.散歩する侵略者
44.三度目の殺人
45.亜人
46.リングサイド・ストーリー
47.あゝ、荒野 前篇
48.あゝ、荒野 後篇
49.彼女がその名を知らない鳥たち
50.マイティ・ ソー バトルロイヤル
51.星空
52.光
53.探偵はBARにいる3
54.52Hzのラヴソング
55.東京失格
56.ロダン カミーユと永遠のアトリエ
57.ダンシング・ベートーヴェン
58.Mr.Long
59.鋼の錬金術師
60.DESTINY鎌倉ものがたり

山崎貴監督作品に始まり、山崎貴監督作品で納めた。

年末気がつく、いつの間にか山崎貴監督は、東宝の正月映画を担う監督だったことに。

来年も山崎貴監督作品でシネ始め予定(笑)

2017年10月21日 (土)

夢はひとつでは人は生きていけない『光にふれる』

びっくりした。こういう映画に何気なく出逢うと本当に奇跡のように感じる。
大会で1位をとること、映画監督になること、俳優になることが夢じゃなく、なって何をしていくか、その後の生き方について考えるのが人生なんだなーと思うこのごろ。
子供の頃の夢も、若い頃の夢も大人になってからの夢も人は常に何かを成し遂げようと生きていくのだと、そうできることが幸せなのだと思う。
“夢はひとつでは人は生きていけない”という言葉をディー判事シリーズで読んでロバート・ファン・ヒューリック作品に出逢えたことに感謝していたところに、またこういう素敵な作品に「今」出逢えたことに感謝。

4年前東京国際映画祭で『光にふれる』に出逢った時の私の感想。

今年、『光にふれる』を久しぶりに観て、ホアン・ユィシアン(黄裕翔)さんの言葉・演奏を生で聞く機会を得た。感謝した。

2017年7月10日 (月)

ジャックが夏を連れてくる!

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』を4DXで観て来ました!

初めての4DX体験。

最初はびっくりするけど・・・だんだん慣れてくるので、やっぱり60分くらいの映像が丁度良いのではないだろうか。と、思うけど、流石ディズニー。そこは4DXで楽しめる造りが沢山あります。

何より水しぶきがー凄い。パイレーツでもここまで海に潜ることはあったかな?

夏なので、水を浴びながら映画を観るのも楽しいです。

まぁ料金はそれなりなので、夏休みのイベント!って感じですね。

2017年5月14日 (日)

2017ゴールデンウィークに観た映画(2)

5月4日に開催された「レジェンド・フィルム・フェスティバル」に当選して参加しました!

『追憶』公開記念ということで、、降旗康男監督と木村大作カメラマンの作品から過去作品2本『駅  STATION』と『夜叉』そして、『追憶』の上映。上映後監督、撮影監督と『追憶』キャストがゲストでトークを行うというイベントでした。

イベント参加の条件として、3作全てを観る事で。最初から入場と途中入場、出場が不可というものでした。当選者は身分証明書チェックもちゃんとありました☆

会場は、前2列が上映後のトークイベント時マスコミが入る席、最後尾に関係者席が設けられていた以外は、当選者と同伴者で満席になっていました。皆さんGW中このイベントを楽しみにしていたのが分かります。昼の12時からイベント終了は夜の8時という一日がかりの濃い内容でしたよ(笑)

司会を務めていた伊藤さとりさんのブログにもレポがアップされてます。

ゲストは岡田准一さんと小栗旬さん。小栗さんは現在連ドラ撮影中だと思うのですが、GW中で撮休だったのかな?参加者の年齢層は平均40代って感じでした。

『駅』『夜叉』を当時観ていなかった人も多かったようです。

『駅』は大好きな高倉健さんと倍賞千恵子さんの共演映画で印象も深く。また少し前にTVでも観ていたのですが、こういう機会に集中して観られるのは良いですね。

『夜叉』は当時ビートたけしさんのファンだった私はたけしさんが健さんと共演で嬉しく感じた作品。そしてたけしさんの演技は印象深かったのですが、それ以降観た記憶がなく、大人になって観ると当時とは印象が違いましたね。

両作品に出演されている田中邦衛さんも小林稔侍さんも好きな俳優さんです♪

『追憶』にも出演して欲しかったと思えるお二人ですが、その変わりと言ってはなんですが・・・吉岡秀隆さんが出演しています。『鉄道員(ぽっぽや)』では稔侍さんの息子役でしたね・・・。

2017年5月 7日 (日)

2017ゴールデンウィークに観た映画(1)

3月のライオン』前半・後半をイッキミしました。(注:イベントではありません)

私は昔から桐山零タイプの主人公が苦手です。

漫画もアニメも観ていなかったので、こういうキャラが主役というのは映画を観るまで知りませんでした。でも映画自体は、嫌いではありません。主人公が住む場所に救われてます。

将棋は映画に合うなと思います。キャストも良いし。

続けて、『無限の住人』も観ました。アクション映画好きですし、木村拓哉さんには映画に沢山出て欲しいと思う俳優なので。やっぱりそこに立っているだけで画になる人ってのは映画にとって大事です。なぜ画になるのか、力ですね。

さて、戸田恵梨香さん初アクション?ホントに?でしたっけ?でした。

オリジナル作品だともっと違ったんでしょうけど、原作ありでそれが長編で、いろんなキャラとの戦いと描くとこうなっちゃうんでしょうかね(笑)

3本観て、結構疲れました(笑)

つづく。

2017年4月23日 (日)

イ・ジュンギのスクリーン復帰作

8年ぶりだとか。

イ・ジュンギといえば、私にとっては『初雪の恋 ヴァージン・スノー』です。

2016年の中国映画として製作された邦題『シチリアの恋』早速観に行ってしまいました。

正直彼の行動が理解できず、なんだろうな。でした。

私がこれを映画とするなら、こうするでしょうという考えばかり。

映画を観たあと、映画紹介のあらすじ読むとなんか本編のあらすじと違うし、題名も中国名のままで良かったのに・・・。と思う。

イーサン・ルアンも出演しているのですが・・・なんか色々残念。

久しぶりのイ・ジュンギの印象も若い頃とは少し変わっていますが、その辺はまぁ仕方ないのかな。韓国映画でのイ・ジュンギもまた観たいです。

韓国の俳優さんだと、ウォンビンも気になりますが『アジョシ』以来スクリーンからは遠ざかっているようですね。

またソン・ガンホやハ・ジョンウの作品が気になる私です。

映画も1本、1本が大事ですね。

2017年2月28日 (火)

破門 ふたりのヤクビョーガミ

公開から一ヶ月経ってました・・・まだ公開中で良かった。

でも、今週金曜までのところが多いみたいです。

スカッとする展開に楽しめました(笑)

ドラマ版も観てみたかったです。

2017年2月13日 (月)

ABE

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』を観て来た。

ほとんどの監督作品を観ている、ティム・バートン監督作です。

その中のキャラのひとりの名前がABE。

あべではありません。エイブです(笑)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ